石が忘れたくないだけ

忘れたくない思い出の備忘録。

及川光博さんのワンマンショーにはじめて行った話

6/30(土)神奈川県民ホールで行われたミッチーのワンマンショー、「BEAT&ROSES」にいってきました。※ネタバレ注意

 ■

まずはわたしがミッチーのワンマンショーへ足を運ぶこととなったきっかけから。

とある日Twitterで見かけたツイート『ミッチーに「初心者ベイベーいる?」と訊かれて元気に挙手したら「アンケートに書いてね、どうして今まで来てくれなかったのか…僕の何がいけなかったのか、教えて?」』というもの。

 

そもそも及川光博さんって歌うの?!という驚き。わたしは今まで俳優業で活躍しているミッチーしか知らなかったのです。そして「初心者ベイベー」というパワーワード

初心者ベイベーってなに…?????

どうやらミッチーはファンのことをベイベーと呼び、ワンマンショーへはじめて参加するベイベーを初心者ベイベーと呼ぶみたいです。聞き慣れないこの言葉がなんだか可笑しくて、いったいライブではどんな世界が展開されているのかと俄然興味が沸きました。

近場であったら行こうかな~なんて軽い気持ちでツアーの日程を調べて、その時はこれで終わってしまいましたが、数日後になぜかApple Musicのおすすめプレイリストに及川光博の文字が現われました。曲についてはまだ調べていないし、不思議だと思ったのですがライブに一瞬行きたいと思っていたことを思い出し、そのまま再生してみることに。その時に聞いた曲が「インフィニティ ∞ラブ 」です。

 


及川光博-インフィニティ∞ラブ

 

衝撃でした…そう、なんとこの歌…

曲の構成を説明しているwww

岡崎体育さんかと思いました。いや、岡崎体育さんはもっとおもしろおかしく歌っているのでまだいいんですけど(何が?)これは多分ミッチー、本気です。

この時のわたしは息が苦しくなるくらい笑い転げてしまいました。(※決して貶めているわけではありません)悲しげに、と心情・表情を説明しながら歌われるBメロ、「サビなのさ」と直接的すぎるフレーズのコーラスで大げさに盛り上げた後に、やってくるのは「アドレナリン」という力強いワード。ギターソロへの導入も絶妙でこの曲を生で聞いてみたい!という気持ちになったのです。一人きりでは心細かったので友人に声をかけてみたところアッサリ快諾。一番近くの会場の神奈川県民ホールで行われるワンマンショーへ参加する運びとなりました。

参加を決めてからの準備期間、とても楽しかったです。自分は初心者ベイベーに属しているんだという高揚感。右も左もわからないので、まずは情報収集から始めることにしました。そこでまず感じたのは先輩ベイベーのみなさんのあたたかさでした。初心者ベイベーの受け入れ態勢が整っているなあと。ミッチーが喜んでくれるから初心者ベイベーが増えることがとても嬉しいとの声を多く見かけました。そしてやるべきこと、やった方がいいこと、心構えやライブの雰囲気などいろんな角度視点から教えてくれるブログが多くて非常に助かりました。熟練度によって初級・中級・上級と楽しみ方のグレードがUPしていくんです。強要するわけでもなく「こうしたらきっと更に楽しめるはず!出来る範囲でいいからぜひやってみてね」と。この距離感がとても心地よく、また、まだ見ぬ世界へ飛び込んでゆく不安を払拭してくれました。もうひとつありがたいなと思ったのがApple Musicでアルバムがたくさん配信されていることでした。踏み込む第一歩に手間とお金がほとんどかからないので、人によっては一瞬でファンになることが出来ます。初心者への福利厚生が厚く、お手軽にファンになることが許されている環境はミッチーの魅力のひとつなんだと思います。

初心者ベイベーはとりあえず以下3点の準備をしました。

・最新アルバムを聞く

・死んでもいいの振付をマスターする

・ミッチーの問いかけ「○○ですか?」には「○○です」と答えられるようにする

よし、いくぞ…!

ライブ当日、教えて頂いたマストアイテムのポンポンを四苦八苦しながら作成し開演を待ちます。ポンポンは公式グッズを購入しました!ツアーのテーマカラーとロゴが使われていてとてもかわいいです。

……わたしはきっと、幕が開いたあの瞬間、ステージ上の黒いマントを身にまとったミッチーを忘れることはないと思います。最初で最後、人生で一度きりの初心者ベイベー体験は物の見事にミッチーに骨抜きになり、メロメロのクッタクタにされて終わりました。

ミッチーね、当然のように歌がうまい!!!!!

シャウトがかったセクシーな歌声はCDではわからなかったので、これだけでもライブに足を運んでよかったと思える発見です。そして想像の100倍周りがノリノリで踊っているので、自分も心置き無く楽しめました。Let’s自己解放、なるほど納得。すぐ真似出来るキャッチーな(少しダサい)振りが多くて、初心者ベイベーでも割と対応出来ました。なにより間違えちゃったらどうしよう…なんて心配する必要もありません、だって

みんなミッチーしかみてないよ!!!

あとね、ミッチーがうまいのは歌だけじゃないんですよ…

華麗なステップにキレのあるターン…これが48歳って冗談でしょう?????

運動量も声量も、ステージ上でメイク直しをする美意識(超超可愛かったです)も、全部がプロ!MCだって飽きがこない楽しさかつ愛に溢れていて、ミッチーが最高峰のエンターテイナーであると痛感しました。

個人的に特に印象的だったのはバラード曲「ふたり」です。「大好きだったよごめんね 大好きだったよありがとう」のフレーズ。スポットライトを浴びた奇跡みたいな美しさのミッチーが心情込めて、漏れる吐息や切なげな声で表現したならば涙だって流れてしまいますね…ワンフレーズでこんなにもぐっと引き寄せられて、心が動いたのは初めての経験かもしれません。今でも思い出すと胸のあたりがざわざわします。とても素敵でした。

もちろん念願だったインフィニティラブも楽しく聞けて大大大満足です!Bメロめちゃくちゃ悲しげに歌っていました、膝から崩れ落ちるほどに。土砂降りの雨もわたしには見えました。たまらなかったのが「サビなのさ~」の字幕がスクリーンにドーンっと現れたことです。まさかのベイベーパート?!!ダンスの振付がまたいいんですよね~超絶ダサかったです!(※褒めています)

あとは度々ミッチーの煽りだとか、ベイベー男子諸君へ向ける言葉がいちいち素敵で何度もときめいていました。ミッチーが楽しい気持ちにしてくれるから笑顔になっているだけなのに、それを素敵だね、最高だよって褒めてくれるのがとても嬉しかったです。「おいで」と声をかけてくれるのもとても好きだなぁと思いました。物理的な距離ではなく、心の距離が縮まった感じがします。1対1×来場者数で相手しているというのがわかる気がしました。MC中、お家芸(?)の遠隔もろもろの際、初心者ベイベーに「異世界だよね、ついてこれてる?大丈夫?」と心配していましたが、ごく自然に馴染むことが出来ました。不思議ですよね、わたしだって最初はやばい世界を覗いてみたいという好奇心からライブにやってきたはずなのに、ちゃっかりとミッチーの世界観を作り上げる一員になってしまうんですから。遠隔ハグも遠隔キスもごく自然に受け入れてました。

そして愛哲で聞いた「傷ついたり悲しい時には『ミッチー』って呟いてご覧?口角が上がって自然と笑顔になれるよ」という言葉は我が人生における格言になりました。

すっかりミッチーの虜になってしまった初心者ベイベーは来年もミッチーのワンマンショーへ足を運ぶことを決心したのでした。

 

来年なんて言ってましたがまだ公演残っているのにロスになることが難しくてファイナル公演のチケット取っちゃいましたえへへ……

残り2週間、次はもっと踊れるようになりたいです。