石が忘れたくないだけ

忘れたくない思い出の備忘録。

及川光博さんのワンマンショーに行った話2019<市川>

及川光博さんのワンマンショーツアー2019『PURPLE DIAMOND』市川公演(4/7)に行ってきました。

(※曲名を出してのネタバレがあります。衣装及びセットリストを知りたくない方はご自衛ください。)

 

 

 

 

 

 

こんにちは、石です。

ツアー2日目!ちょっとした事件でした…!

及川光博さん、序盤で本気のエロモード……。

過激に激しく愛されてきました。

ミッチー自身もMC時に「今夜はエロモードスイッチオンしている」と言っていて、愛してますのコーレスが変わり種でした。「最初は小さい声で言ってごらん?」としか言われなかったのでなんのこっちゃという感じでしたが、自分だけがエロい気分だと寂しいからみんなを巻き込みたいとのことで。「囁くように、吐息交じりに言ってごらん?」と要求が具体的になり(えっろ…)、この日は互いに囁くように愛を確認しました。

市川公演は全体を通してエロかったなというのが総評なのですが、ミッチーのエロさってまったく下品じゃないんですよね。わたしには難しくて到底理解出来ないと思っていましたが、芸術的なエロスってこういうことをいうのかな…とミッチーを見て感じることが出来ました。

過激でイケナイ腰つき、マイクをきかん坊に見立てた愛撫(コラ)、名器で使っていたギターが名器になっていたところ(コラコラ)、一般人に感じるような不快感はゼロです。(突然の暴言失礼)何がそうさせるのかは正直わからないのですが、ついつい目が離せなくなってしまう美しさ、オーラがあるんです。つまり何が言いたいかって、「こちらもガンガンにエロい気分になって沸き上がるので腰振りいっぱい嬉しいな!」ってことでしょうか!(ド直球!)

きれいな嘘の間奏でゆらゆら踊っているとき、ミッチーの口から思わずついて出た「かわいい…」の言葉でとても嬉しくなってしまいました。初心者ベイベーデビューの日、何の曲だったのかは覚えていないのですが、同じように「かわいい」の言葉が聞けて、きゅんとしたのを覚えています。本当にベイベーのことが大好きで、心から愛しく思ってくれたことがはっきりとわかります。ミッチーに「かわいい」と言ってもらえたということは、最高の笑顔をお返しできたんだろうな、と勝手な解釈をしてみたり。

ミッチーのおかげで笑顔になれて、それを喜んでくれるミッチーがいる!…ちょっと我々ラブラブすぎません?(照)

ミッチーは「ムーディーで落ち着いた大人の雰囲気漂う公演にしたい」と言っていましたが、エロチックであるという点では間違いなく大人なツアーですし、愛欲貪るとでも言いますか、獣のように本能のまま愛し合う方がミッチーのテンションとベイベーの熱気とマッチするように思います。(言い過ぎました、ただの石の好みです)というか!まさに市川はこんな雰囲気でして…ペース配分を無視した全開PLAY(コラコラコラ)はベイベーに求められるままに、ベイベーと呼応するようにして情熱的になっていきました。市川ベイベーの熱気は最初からクライマックス!

それに加えてこの日はお触りの大放出でした。触るのも触られるのもすごかったです。すごかったです……。

なんかもう、正直に話すと見ていてとてもムラムラしました。(パープルだけにな!)

照明がミッチーから外れた暗がりの中、一人の最前ベイベーの手を取り、自分の口元に艶めかしい手つきで運んでゆく動作の美しいこと…ミッチーと選ばれしベイベーだけの不可侵な空間は甘美にして耽美。はあ~、いいもの見た!(結局のところアレは舐めたんですか?!噛んだんですか?!口に含んだんですか?!)

初日では見られなかったお尻を触らせる謎の慣習も市川ではたくさん見られました。一度にお尻に触る人数が多かった時があったのですが(冷静に考えてどんな状況なんだこれは)、その時には勢い余って内側にまで侵入してきた困ったちゃんベイベーの御手があったようです。ミッチーは「中まで入ってきたからね?!」(言い方!)とぷんぷんしていましたが、ラブコメヒロインみたいでかわいいなと思ってしまいました。LUCKY SUKEBE☆

そういえば最近自分が「かわいい」と言われることについて、初日に続いて言及がありましたね。わたしはかわいいとはいったい何なのかと真剣に悩んでいるところがかわいいなと思います。ミッチー的には「男前」だとか「二枚目」だとか言われたいそうですが、自分はもう「かっこいい」という括りには分類されないと諦めていて、「ミッチー」という唯一無二のジャンルの文化遺産であると言っていました。(自分で遺産と言ってしまったことに笑うミッチー)この話の流れではないのですが、この日ミッチーは自分がモテている実感がないと言っていたので、そこまでわかってくれているなら、「そんなかけがえのないあなたのことが、わたしたちベイベーは大好きで仕方ないんですよ」ってもっと伝わったらいいのになと思いました。まあ、そういうことではないのかもしれませんが。

この日のMCや愛哲はミッチーとベイベーが仲良く雑談している感じがしてとてもよかったです。歌唱中とのメリハリがすごい!ふんわりほんわかしていました。愛哲は途中楽しくなってしまったみたいでもう一枚、あともう一枚とたくさんのベイベーの質問に答えてくれました。ただ、話が逸れまくりでなかなか本題の質問に答えないミッチー。それがまた楽しかったりするわけです。ミッチーとベイベーのやり取りで一番面白かったのは「何持ってるの?おにぎり?」と最前ベイベーが持っていたオペラグラスを見て声をかけていたことです。いや、なんでおにぎり????wwwwまあ、ミッチーがおにぎりに見えてしまったならそれは仕方ないとして、最前席でオペラグラスを持っているベイベーさんも強者ですよね。両者の小ボケ(?)がおもしろく作用してめちゃくちゃ笑わせてもらいました。「オペラグラスで何見るの、毛穴?」の流れから最近肌荒れがひどくて、いいコンディションのミッチーを見せられていないので1~3列のベイベーには120円ずつくらいキャッシュバックしたいとも言っていました。前方席はまさかの時価その後はキャッシュレスなど最新の文明に対応出来ないポンコツミッチー\激かわ~!/のお話を聞くことが出来ました。

開演前、先輩ベイベーとお話した時に自分が踊れないことを嘆いていたら、あっけらかんと「自分もだよ!」とおっしゃっていて、「ツアー回っているうちに振りを思い出していくんだけど、慣れたころにはツアー終わっている」とのことでした。それを聞いたらなんだか吹っ切れまして!今まではやっぱりどこか自信がなくて控えめに踊っていたのですが、市川では今までで一番大胆に動くことが出来ました!(もちろん前後左右の間隔などには十分注意しましたよ!)今までのわたしが自己解放だと思っていたのは一体なんだったのか…石のベイベーレベルが上がった!!\ちゃっちゃら~!/

はじめての前ベイベーだったこともあって、今まで物理的に見えていなかったミッチーの新たな魅力に気づいてしまったのも大胆になれた要因かもしれません。近い席でないとわからない表情や視線ってありますもんね。石には刺激が強すぎて何度もぴぎゃってしまったのですが、いや待て、これは通常運転でした。ただその…やっぱり…舌なめずりとか…汗でしっとり濡れた首筋とか…えっちですよねえ……。誘ってくるような挑発的な視線、歌詞に合わせたベイベーを慈しむような表情、その他ミッチーのこういうところが好きだなって思っていたところが今までよりもくっきりと見ることが出来て幸せだったなあと充足感に溢れています。そう何度もある機会ではないと思うので、思い出として記録させてください。そうそう、「もしかしたら目が合うかもね!」なんて言ってもらえていたのですが、あのあたりを見ているな、こっちを見たなというのはわかっても、「わたしを見たな」という感じはしなかったので、残念ながら目は合っていないかな…という感じです。若い頃には確かにあった「全部俺へのレス!」みたいな図々しさが欲しいなと思いました。石が鈍いだけかな~もったいなかったな~。

そしてと~っても嬉しいことに!今回の市川公演はでたくさんのベイベーさんとご挨拶出来ました!お会いしてくださったみなさま、ありがとうございます!初心者ベイベーの時からとてもとてもお世話になっている方、このブログをきっかけに初心者ベイベーデビューをしてくれた方、ベイベーさん繋がりではじめてお会い出来た方など、いろんなベイベーさんとお話しすることが出来ました。一同にお会いしたので、もしかしたら次回お名前とお顔が一致しない失礼があるかもしれませんが、どうかご容赦ください…!この日はみなさんのおかげでいつも以上に楽しく過ごすことが出来ました!勇気を出して呼びかけてみて(?)よかったです。そして数々のお褒めの言葉、ありがたく頂戴致します。身に染みました…励みになります…!今回お会いできなかったベイベーのみなさんともいつかお会い出来たらいいなと思っていますので、(もしよかったらなんですけれども…)どうぞこれからもよろしくお願い致します!

 

次回は八王子!です!

 

後半申し込みする場所まだ迷ってるし、5月どこも行かないの堪えられないかもしれない。