石が忘れたくないだけ

忘れたくない思い出の備忘録。

及川光博さんのワンマンショーに行った話2019<人見2DAYS>

及川光博さんのワンマンショーツアー2019『PURPLE DIAMOND』人見記念講堂公演(6/1-2)に行ってきました。

(※曲名を出してのネタバレがあります。衣装及びセットリストを知りたくない方はご自衛ください。)

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、石です。

完売御礼、2000人の女子大ベイベー!学園祭スペシャルでミッチーと青春してきました♡(※学園祭要素は皆無)

はじめての2DAYS参加だったわけですが、充足感が半端じゃない…!!!!!疲労感も半端じゃない…!!!!こんな幸せな週末があっていいのかな…。ずーっとふわふわ夢心地でした。

あ、最初に謝っておきます!一日目と二日目は正直ごっちゃごちゃです~~~!悲しい~~~!MCや愛哲はまだしも、歌唱はいつも以上に覚えていない……。完全なるキャパオーバーです……。

一日目のMCでは先週の仙台に行った時の親戚サービスのお話が印象的でした。10人近くの子供に囲われよじ登られたり、ジャニーズ好きのお姉ちゃんには交友関係を尋ねられたり、「売れてるの?」なんて子供ならではの純粋かつ残酷な質問に「…っそこそこ?」なんて大人な回答をしてみたり…。普通に羨ましいですね。スターなんやで、子供たちよ。

二日目のMCでは物議を醸すこの話題。ミッチーが突然決意したことがあるんですと「3Kg痩せます」宣言。白い巨塔を見返し、痩せている自分をみて思い立ったそうです)賛否両論(否定の声多め)な客席にあわあわキョロキョロするミッチー。賛成・反対を挙手で答えさせたのですが圧倒的な反対支持。「なんでよ?甘やかすなよ!」というミッチーに対して「お尻の張りがなくなっちゃうからー!」と大きな声で答えていた方がいてわたしはゲラゲラ笑ってしまったのですが、ミッチーには届かなかったようで残念でした。(わたしにはしっかり届きました、握手しましょう。)そう、2日目の愛哲前のMCで、「shinin'  starでお尻攣っちゃった!」と言いながらキュッとしたお尻を再現してくれてので、見てくれってことですよねとオペラグラスを構えて堪能していたんですけど、そのタイミングで「ステージで上ではいつも筋肉締めていますよ、だってあなたたちオペラグラスでどこ見ているかわかんないもん!」なんて言われたものだからびっくりしてしまいました。ミッチーは後ろにも目があるの…?いつも見事な曲線美をありがとうございます(開き直り)「後でちゃんとみんなが(お尻を)触れる場面を設けますからね」って言ってたのも意味わからな過ぎて大好きです。謎慣習の事前告知。(ミス・アバンチュールで「お尻合い♡」していました)

そしてミッチーは公演日ともなると6回ほどお風呂に入っているらしいです。実写版しずかちゃん。

会場の音響の良さも働いていたのでしょうか、歌に力があってとてもよかったなあ~と思いました。(音楽に精通しているわけではないのであまり偉そうなことは言えないのですが…)特にバラード!余韻が心地よいです。いつも以上にぐっと引き込まれてしまいました。ミッチーも歌い終わりに「よしっ」と声が出てしまっていましたね。(いつもはコツっと靴音が響くのみ)来世でも会えるよ、前世から縁がある、そんなミッチーからのメッセージが「君の中へ」を聞けたことにより、より力強く響くのでした。そしてバラード終わりのwishは毎回うるうるしてしまいます。この曲光属性強すぎてほんと眩しい…両日ポジションが凄く良くて、両手を広げた先にゼロずれでミッチーがいてくれたのが幸せいっぱい、夢いっぱいって感じでした(何?)

石のどすけべセンサーが大きく振れ動いたのは2日目のlazyと三日月姫。いやはや…。欲望に忠実に生きているので、lazyのサビ以外はオペラグラス地蔵でねっとりと鑑賞していたのですけど、ま~じでエロい。マイクスタンドやギターに触れる手つきの艶めかしいこと…。こちらが見えているわけない(客席暗いし)とわかっているのですが、流し目の色っぽい表情で視線を向けられるとこう…沸き上がってくるものがありますよね。見てはいけないものをこっそり覗いているという背徳感とスリルが、より妖しさを際立たせてムラムラしてくるので、変態の自覚がある方にはおすすめの楽しみ方です。(※性癖公開ブログではありません)絶頂を迎えたような高く大きな声で喘いでいたのも印象的でした。刺激強すぎな~!その後の三日月姫では、腰を大きくくねらせ、それを強調するいやらしい手つきと挑発的な舌なめずりを見せられた瞬間クラクラと…。恍惚の目で一点を見つめる欲しがりベイベーになってしまいました。お楽しみの桃色クラブの日替わりごっこ遊び、一日目はスイミングコーチで「泳ぐの大好き、僕ミッチー♪」と平泳ぎやクロールの動きをしていたのがキュートでした。二日目は家庭教師ごっこで、前回とは逆転してミッチーが「教えるの大好き♡」と教師側を買って出てくれたわけですが、わたしは最近よくみるエロ漫画の広告を思い出しました。一体何を(実技)お家で教えてくれるんでしょうねえ…(実技)

もう一つ印象的だったのが、ココロノヤミです。いや、この曲は毎公演凄すぎて私なんかでは表現しきれない美しさ・力強さがある為にあえて言及するのは避けていたのですが(言い訳がましくてすみません、でも本当に凄いんです)、2日目の落ちサビをベイベーに任せてもらえたのが嬉しかったのでその記録です。ライブCDと一緒じゃ~ん!と感極まってしまいました。この一曲を聞くためだけにワンマンショーに足を運ぶ価値があるとさえ思います。

1日目の愛哲について。

「ミッチーが一日の終わりに楽しみにしていることは?」

一日の終わり、お風呂上りにハイボールを飲みながら(全裸で)深夜アニメを見ることが至福のひとときだそうです。ちなみに最近見ていたのは「SSSS.GRIDMAN」オーイシマサヨシさんのOPかっこいいよねー!難しいんだよなー!なんて言いながら少し歌ってくれました(ブチあがるアニオタの石)話している途中で「なんか恥ずかしくなってきちゃった…」と零していたのが可愛かったです。

「ミッチーにとって、ハマって抜け出せないものとは何ですか?」という質問。(ミッチーの“沼”という表現はエレガントではないので、ミッチーの“泉”と表現していますというベイベーに沸く会場)理解は求めていない!と前置きをしながら「ガンダムスター・ウォーズ!ベルばら!」と教えてくれました。「何度も何度も何度も繰り返し見ちゃう。49年生きてきて、もう40年好きだからね?仕方ない!」と愛の深さを語ってくれました。好きなものを話すときのミッチーの勢いや表情がただのオタクなの好感でしかない。

「ベイベーのここが自慢というところはありますか?」質問者のベイベーさんもマナーの良さを挙げていたのですが、ミッチーもやはりそこは自慢に思ってくれているようです。大勢の人が集まる公共の場でミッチーと遭遇してしまった時には(事故みたいに言うんじゃない)慌てず、騒がず、スッと立ち止まりお辞儀をして、慎ましくお見送りしたいと思います。そしてもう一つ、「オシャレして来てくれるのが自慢です♡」と言ってくれました。(「見えるところから見えないところまで…ね?」 なんて言いながら手をくるくる回して股間をポンと触れたのは艶っぽくてとてもよかったです。)これはもうガチ照れですよ。オシャレしてワンマンショーへ行く理由として、もちろん根底には「ミッチーの為に」という気持ちはあると思います。しかしこれは自己満足の域でしかなく、「もしかしたら見てくれているかも」とか「非日常を味わいたいから」など果たして本当にミッチーの為になっているのか?という具合でした。今回のこの一言はそんなただの自己満足を昇華してくれましたよね。「オシャレしておいで♡」と言ってくれていたのは紛れもなく「俺の為に」って意味合いですし、「俺のベイベーたちはね…♪」なんてどこかで”自慢”してくれているのかもしれません。(一人称が俺なのはわたしの好みです)「センスが現れるから見ていて楽しい」なんて言葉もありました。元々コスメやファッションが好きで、今までも下手なりに楽しんでいたのですが、これからは益々楽しめそうだなと思いました。だってミッチーが喜んでくれるんだもん♡

「ミッチーの様々な印象のウインクは相手によって使い分けているのですか?」という質問。ミッチーは「歌詞世界を生きる主人公を演じているので、歌詞によって印象が変わっているんだと思う」と答えていました。言われてみれば、曲によってガラッと纏う雰囲気を変えてくるような人だもんな…と妙に納得してしまいました。「こんなこと書かれたら今日もいっぱいしなくちゃいけないじゃん!どんだけ表情筋使わせるんだ!」と言いつつもウインクの大盤振る舞いでした。(おかげさまでこの日ガッツリ食らいまいました、質問者のベイベーさんありがとうございました。)

その他、女子大のイメージについてお話してくれたり、御年90歳のお姉さまベイベーからの応援に背筋が伸びる思いです、と引っ越し大名の宣伝をしてくれました。(男色の気がある役柄らしいですわよ!拍手!)

2日目愛哲について。

この人見記念講堂でミッチーのワンマンショーを見ることが夢だったというベイベーからの質問。母校であり、ベイベーになるきっかけともなった思い出の場所なんだそうです。(とっても素敵ですよね…!おめでとうございます!)「この扉を開いてよかった、選んでよかったと思うことはありますか?」ミッチーは“演劇”ですね、とずばり答えてくれました。中学で演劇部に入ったことをきっかけに、舞台を裏方含めてみんなで作り上げてゆくことを学び、演劇大会で優勝するなどの成功体験の積み重ねで自信をつけ、俳優養成所に通いコツコツと努力していたら役者としてもプロになれました、と。す、ストイックの化身…。人生をかけて今のミッチーが作り上げられているのだと思い知らされました。どんなことでも無駄にはせずに、肥やしにしてしまう精神力は計り知れません。自信のある人のきらめきって輝きの質がそもそも違うよな、なんてミッチーを見ていると思います。

ミッチーの泉ではなく、温泉と呼んでいる鼻血バージンをミッチーに捧げたベイベー(情報過多)からの質問。「ミッチーは鼻血出たことはありますか?」これに対して、「あります!むしろ昔はよく出していた」と教えてくれました。「きっと頭に血が上りやすいんでしょうねー、頭上から大量の汗が流れ出てくる様を“ミッチーの滝”と言います☆」なんておちゃめに紹介する場面がありました。この時にみんなも健康には気を付けてねと労りの言葉をかけてくれたんですけど、その後の「今年も人間ドックちゃんと行きますよ!」発言に歓声が起こったのにはフフッとなりました。

「プロフェッショナルだと思う人は?」の質問ではカウンター愛を語ってくれました。お寿司屋さんならコハダ!酢で〆たものの味でそのお店の味がわかる!バーカウンターならカクテルの出し方!(紅マス参照)氷が溶けてカランっと鳴る音が聞こえるくらい静かで落ち着いたバーが好きと教えてくれて、「いつか一緒にいかが?」とデートに誘うみたいに言ってくれたんですけど「この人数じゃ騒がしくなっちゃうか!」と速攻却下されてしまいました。残念。

その他コミュニケーションについて教えてくれたはずなんですけど、ATフィールドを初号機と同じ動作でこじ開ける姿と、パーソナルスペースを踊るように縮めては離れる謎ステップの映像しか残ってないです、ごめんなさい。小さい子に対しても赤ちゃん言葉は絶対に使わないとかそんな感じのことも言っていた気がします。あ、あとミッチーがホールに名前を付けるなら「ときめき無限大ホール」だそうです!(早口まとめで申し訳ない~)

今回の人見公演ではとても嬉しいことがありまして!なんとはじめて打ち上げに参加させてもらいました~!ほんとすっごいの!お店でミッチーの曲と映像を流してくれていて雰囲気抜群でしたし、始終ミッチーの話しかしない(らぶ♡)とっても楽しい時間でした!平均2.5体は持っているであろうアクスタ遊び、人数そろうと圧巻でしたね。追加グッズが待ち遠しいです。貴重なお話やお写真なども見せてもらったのですが、悶え苦しむほどに堪能させていただきました。図々しくも飛び入り参加だったのですが、本当に皆様気さくで優しくて…ベイベーの皆様からのお話を通じて、さらに及川光博さんのことが好きになってしまう思い出深い一夜でした。本当にありがとうございました!

ツアーも折り返しとなりましたが、まだまだご挨拶させていただけるベイベーさん募集中です!不慣れなものでなかなかタイミングが合わせられずにいる方もいらっしゃって大変心苦しいのですが…!どうぞお気軽にお声がけください、よろしくお願いします!

<以下打ち上げのアクスタお写真…!>

f:id:isiisirin:20190608235903j:image

f:id:isiisirin:20190609000819j:image

f:id:isiisirin:20190608235937j:image

次回は愛知ベイベー!そして大阪ベイベーになることも確約しました~!チケットばんばん増える!いいぞいいぞ!それでこそ浪費女!人生ハッピーに生きような!

前回挑戦しますと言っていたTシャツアレンジですが、布切れになったしまったので一生やらないことを決意しました。