石が忘れたくないだけ

忘れたくない思い出の備忘録。

及川光博さんのワンマンショーに行った話2019<静岡>

及川光博さんのワンマンショーツアー2019『PURPLE DIAMOND』静岡公演(7/14)に行ってきました。

(※曲名を出してのネタバレがあります。衣装及びセットリストを知りたくない方はご自衛ください。

 

 

 

 

 

 

こんにちは、石です。

静岡ベイベー!ミッチーはじめての中ホール!1100人でぱんぱんの会場が愛で満たされていました♡この会場の緞帳がTHE・和というテイストだったので、この裏に広がっている舞台セットを思うと、そのギャップがはじまる前から少し可笑しくてにやにやしました。

さて、問題です!ミッチーはこの日何回「うなじ」って言ったでしょーか!(A:たくさん)

「ステージに立っているのは”うなじ”に強い未練を残した地縛霊です」って言われても納得してしまうくらい、この日は”うなじ”を連呼していました。一生許さないと思ったのは桃色クラブの「あはは~ん♪」部分を「うなじ~♪」に変えて歌っていたことです。どうして…どうしてそんなおもしろいことする…?聞くたびにフラッシュバックして笑ってしまう未来が約束されてしまいました。

桃色クラブといえば!2部のダンサーさんの衣装が変わっていてちょ~可愛かったんです!ぴたっとしたコルセットのような形をしたショッキングピンクのキャミソールにラメラメのミニスカート?ホットパンツ?でした。リエさんの開襟シャツワンピースとミッチーのシャツの色味も同じなので、4人が横並びになった時のKAWAII♡PINKでいっぱいになるラブリーなステージにときめいちゃいました。心なしかミッチーもいつもよりきゅるんとしていた気がします。ぜひとも映像に残して欲しいのでファイナルもこの衣装でお願いします…!

恒例のどスケベわっしょいのコーナー!\いよっ!/

石は舌なめずりLOVERなのでこの静岡公演たまりませんでした。みちタンとのエンカウント率過去最多!S.D.R.で太ももの付け根あたりに3ピースの手をピシっと意味ありげに止めたあと、その手を口元へと運びベロっと舐めた時の挑発的な表情が頭から離れません。三日月姫では舌の裏側まで見えてしまうのでは?というくらい大胆にレロっとしていました。それ以外のタイミングでもチロチロと控えめに舌が見えることが多く、無意識だとは思うのですがその表情がどのタイミングでもかっこよくてメロメロでした。なぜこんなにも咥内セキュリティがゆるゆるだったのかというと、ミッチーはとある事情で歯医者さんに通っていて(自分でばらしていたから別に箝口令気にしなくていいんでしょうね!)、そのついでにデンタルエステをしてもらったとのことでした。「今歯がすごくつるつるで気持ちいいの!」と言っていて、これがアンサーで間違いないなとほくそ笑みました。なんて単純!舌で歯をなぞりながらシーシーと息が抜ける感じの話し方が可愛かったです。そしてその後の衝撃の一言。「みんなにも舌先…舌の先で確かめさせてあげたい」…………ッッッゥワ……何…?急に生々しいのくると心臓びっくりしちゃうからさ……しかもそれって普通にキスするよりじれったくてなんかエロい!と鼻息が荒くなった石です。おめーはこのコーナーLazyの話しかしねーのかよって感じで申し訳ないのですが許してください…好きなんです…マイクスタンド×ギターの時点でだいぶ素敵じゃないですか?ギターを弾く手の動き、伏し目の状態から視線をベイベーに移す一瞬、妖しい空気をまとったミッチーから漏れ出る吐息……それに加えていけない手つきや腰つきを見せられてしまったらもう堕ちるしかなくないですか…?今回は「汗ばんだ髪をこうつかんで~♪」の部分で自分の髪をただかき上げるのではなく、乱暴にわし掴んで引っ張っていて、その姿が歌詞世界のハードな様子を見事に体現していて非常によかったです。すっげーえろい。

愛哲について。

「最近読んだ本で印象に残った“言葉を信じず言葉を尽くす”という言葉のミッチーなりの解釈を聞きたいです」という質問。「僕が書いた本じゃないからね?!なんでもミッチーに聞けばいいと思ってる…!」なんて言いながらも真剣に考えてくれるところが好きです。(単に好みの話題だったのかもしれませんが)そうなんだよね…とぶつぶつ呟きながら、「言葉というものは人類か作り出した素晴らしいツールです。それによってわかり合ったり、騙されたりする…要は操る人次第、使う人により神にも悪魔にもなる。僕が言いかえるなら…愛されることより、まず愛す」正直これについてはよくわからなかったのですが(…)その後にネット社会に馴染めないという話をしていて、「悪意…世界をキラキラさせないパワーとは戦いたくなってしまう。あえてイライラしたくないので、そこから自分を遠ざける。ベイベーからのお手紙には悪意がないので、そういうコミュニケーションは好き。“人の不幸”を願う奴らは強い。…だから逃げる。戦うと勝ちたくなっちゃうから無理して戦わない。負けなければいい。」と好戦的な空気を隠すことなく、戦略的に後退を選択するという合理的なところがミッチーらしくてかっこいいなと思いました。あとはベイベーが好きなところが好きです(照)途中、「(悪意と)無理して戦うなよ?」なんてベイベーに対するエールもありました。

「謝ることが癖になっている友人がいて、もっと自信を持って堂々として欲しいのですが、どう伝えたらいいでしょうか?」という質問。これに関しては「そのまま伝えるしかないんじゃない?癖になってるよって。」とのことでした。そして適当に「さーせん」とへらへらとした態度で謝る人にムカついているという話をして、「本当に思っていないのに謝る必要ないからね?でもありがとうは口癖のように言おう」とミッチーが普段から心がけていることを教えてくれました。

「ミッチーが引っ越しの時に意識することは何ですか?」という質問。

「日当たり?必要なさそう~!

風通し?窓開けなさそう~!

交通の便?関係なさそう~!」

と普通の人なら絶対に確認するであろうポイントをいくつか挙げて、ミッチーにはいらないだろうなと決めつけているベイベーさんが面白かったです。実際ミッチーが確認するのは水回り。シャワーの水圧が最需要ポイントみたいです。もう一つ上げていたのは、部屋に入ったときに感じる空気感。霊感があるわけではないのだけど、苦手だと感じる場所、心地いいと感じる場所があるのだそう。そして「全国のライブ会場はどこも心地がいいです。なぜなら君たちがいるから♡」とま~た調子のいいことを言っていました。(好き)

引っ越し大名のミッチーのお殿様の写真を

「綺麗な煮卵~」と形容したリエさんは間違いなく天才だと思います。

その他、「ペンフレンド」の歌詞に救われましたというベイベーに向けてのメッセージや、ツアーで印象に残った公演のエピソードをお話してくれました。今回話に出た大阪と八王子公演はどちらも参加していて、レポートも書いているのでもしよかったら振り返りにどうぞ。(大阪は個人的にNO.1です)

さて、次回はファイナルですね。

シューティング、3500人で「なんとかでーす!」というのをどこでも使えるようにいっぱいやるし、「及川光博ってまだ歌っているの?」という人に見せつけてやるんです!とのことなので張り切って盛り上げたいなと思います!みなさんであっつ~い夜にしちゃいましょう!ワンマンショー終わっちゃう実感全然ないな……。

 

(書ききれなっかた所があるので今後しれっと加筆するかもしれません…どうしてもファイナルまでにUPしたかった……)

 

静岡のおしゃれ海鮮丼美味しかったです。

f:id:isiisirin:20190721002411j:image